EDの症状が出やすい前立腺がん

男性にがんでかかりやすい病気に、前立腺がんがあります。男性の前立腺は勃起を起こす神経に周りを覆われているので、この部分を手術で摘出することになると術後にEDの症状が出るようになってしまいます。従来の前立腺摘出の手術方法ですと、勃起不全になることは防げませんでした。しかし、最近は医療技術が進歩しているので、勃起に関わる神経を守って手術を行うことも可能となっていきています。EDの症状が起きることを避けたい人は、最新の治療方法を試していることをおすすめします。
勃起を起こす神経を傷つけずに前立腺を摘出する手術は、人間の手では困難な治療も行える繊細な動きができるロボットを操作してされます。ロボット操作にむいている女性医師仮にロボット操作による手術を希望するのなら、男性の医師よりも女医さんの方にお願いすると良いです。ロボットの手で行う手術は施術者が、モニターで確認しながら遠隔操作によりします。男性よりも女性の方が細かい作業を得意とするので、異性の女医さんに手術されることに恥ずかしさがあっても女性の医師にお願いした方が成功率を上げることができます。
前立腺摘出を行う手術はどうしても勃起に関する神経を傷つけてしまうので、勃起機能は諦めなくてはならないものでした。ロボットによる手術でも前立腺を取ってしまうと、射精自体はできなくなります。ただ、勃起させてくれる神経は残るので、射精する感覚は残すことができるようになっています。男性器を勃たせる機能は保ちたい人は、ロボットでの手術が最も効果的です。機能を有しておけば、以前と変わりなくパートナーと性交渉を行うことができます。この手術は体への負担も最小限に抑えられているので、術後の回復が早いというメリットもあります。