ED治療のガイドラインと頭痛薬の服用

EDというのは、直接的に生命に危険性がおよんでしまうような症状ではありませんが、男性にとってはきわめて重要な位置づけをもつものといえます。したがって専門のクリニックなどで診察を受けて、投薬や手術といった手段によって、EDの治療にあたる男性も、少なからずいるものと考えられます。こうした問題については、すでに厚生労働省の委託事業によって、ED治療のためのガイドラインが作成されていますので、基本的にはそのガイドラインにしたがって、医師と患者とがコミュニケーションをとりながら、適切な治療をすすめていくということになります。
一般にいって、ED治療で大きな役割を果たしているのは、PDEとよばれるある種の酵素を阻害するはたらきがある医薬品であるといえます。EDが発生するメカニズムとして、性器に至る血管の筋肉が、この酵素のはたらきによって収縮してしまい、血液が性器に十分に流れなくなってしまうため、性行為の最中にマン属な硬さを維持することができなくなってしまうということが知られています。したがって、この酵素のはたらきを阻害すれば、血管は拡張して血液の流れがスムーズになりますので、問題の解消につながるというわけです。
頭痛がして頭を抱えている男性ただし、こうした医薬品を用いる場合には、副作用がみられることもあり、特に頭痛、めまいなどといったものが代表的であるといえます。そこで、頭痛薬を服用して、副作用をとどめるということも、理屈としてはあり得るはなしです。ここで注意しなければならないのは、EDの治療に用いる医薬品が、成分を吸収しやすいように空腹時に服用することがすすめられているのに対して、頭痛薬は胃の粘膜を荒らすために食後の服用がすすめられているというところであり、いずれにしても医師に相談をした上でというのが望ましいといえます。